肩コリの原因と施術方針

IMG_1199

 

肩は首の付け根とも言えますが、女性用のボーリング玉と同じぐらいの重さ(3~5kg) の頭を常に支えております。 (頭を首で直接支え【乗せて】それを更に肩の筋肉で支えるというイメージです)

 

【PC作業で画面に顔を近づける】【スマートフォンを操作するために視線を落とす】【書類を書く】【本を読む】【上を向いて作業をする】【そもそも姿勢のクセとして猫背】など、頭の位置が重心からズレてしまうとそれを支える肩の筋肉(僧帽筋・肩甲挙筋など)への負荷がかかり、時間が経てば経つほど負担が増えていきます。 そしてその結果筋肉が緊張し硬結する事により、血流やリンパの流れが悪くなりコリとして出てくるようになります。

 

【長時間画面などの狭い範囲を見続ける】などで目を酷使した場合は首コリにつながり、それは間接的に肩の筋肉にも影響していきます。またストレスがかかった時も自律神経のバランスが崩れて交感神経優位になります。そして筋肉や血管が収縮し、その状態が長く続くと血行が悪くなり肩コリの原因となります。

 

当院での施術方針

 

IMG_1188

 

施術は手技によりマッサージ的・指圧的に行います。僧帽筋や肩甲挙筋を重点的にほぐしますが、辛さの出ている部分だけではなく筋肉の起始・停止部分(出発点と終着点)も押す事で、より効果的に緩める事ができます。

 

首や肩甲骨の周りは肩と関連している事が多いため、そちらも含めてほぐしていきます。目の疲れからくる肩コリに関しては肩中兪(けんちゅうゆ)・肩井(けんせい)のツボなどを中心に押していきます。ストレスによる肩コリには自律神経のバランスを整えるため、頚椎-胸椎-腰椎-仙骨の周辺を押していきます。

 


ご予約はお気軽に当院までご連絡ください

営業情報 button